×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口臭を治療して悩みを解決しましょう。

口臭

今社会問題になっているほど口臭で悩んでいる人が増え、口臭対策や治療が進んでいますています。口臭が気になって近い距離で人と話せない、人と接する仕事なのに自信が持てない。息が臭うのではないかなど色々なことでたくさんの人が悩んでいます。また口臭は自分ではどの程度のものか分からないものです。そのわからないことゆえや、口臭は誰にでもあるにもかかわらず自分の口臭を心配しすぎによって大きな不安になっている人も多いよいです。口臭は一時的なものから身体が原因となっているものまでたくさんの種類がありますが、治療することで改善できるものもたくさんあります。次に説明する口臭の原因、治療法、予防法を学び、しっかり口臭を治して自信を取り戻しましょう。

口臭の種類と原因

・生理的口臭

起床時、空腹時、緊張時に強まる口臭。これは誰にでもある口臭で、唾液の分泌量が減少したことによって最近が増殖し、口臭の原因となる発揮性硫黄化合物(VSC)が増えるためである。しかし歯磨きをし、食事や会話などによって唾液の分泌量が増加すると口臭は治まります。生理的口臭は治療する必要はありません。

 

・飲食物や嗜好品による口臭

みなさん経験したことがあると思いますが、にんにく、ねぎ、お酒、タバコなどのにおいのきつい物を摂取した場合に起こる口臭です。これは時間と共に治まるので治療の必要はありません。

 

・病的口臭

治療が必要となってくる口臭。歯周病や虫歯、歯垢、歯石、入れ歯などの口の中の問題や、呼吸器系や消化系、喉などの病気によっておきる口臭。病的口臭の約9割は口の中に原因がありますが、口の中に問題がない場合は体の病気の可能性があります。

口臭の治療と予防

口臭の原因の9割り以上は口の中に原因があります。歯周病や虫歯、歯垢、歯石などが原因とおもわれるときは一度お医者さんに見てもらい治療しましょう。 

歯周病は早く治療を受けないと歯が急速に悪くなってしまいます。また入れ歯の清掃不良によっても口臭が発生するので毎日念入りに手入れし、消毒剤のつけましょう。それでも治らないときは体の病気の可能性があります。一度病院で診察を受けましょう。口臭予防としてはやはりお口の中を清潔に保つことが最も重要です。しかし、自分でどれほど清潔にしていても汚れはのこっています。定期的にプロフェッショナルケアをしてもらうことで汚れは落とされ、虫歯、歯周病、などは早期に発見、治療をすることができます。

 

 口臭の原因は他にも唾液の減少によって口臭が発生する場合や口腔がんによって口臭が発生することがあります。唾液の分泌量の減少する原因は薬の副作用の場合もあれば病的な場合もあります。何も異常が無い場合でも朝起きたときなどは少なくなっています。その場合は食事や会話をすれば自然に唾液が増えるので心配ありません。

 口腔がんは下の裏側できることが多いがんであります。見えているところなので簡単に切除できるように見えますが、神経が集中していて切除しにくく、両側のリンパ節に転移しやすいので要注意です。これも早期発見が大切です。

 

また本当はそれほど口臭が強くないにも関わらず、口臭が強いと思い込んで精神まで病んでしまう場合もあります。必要以上に悩まず、勇気をだして相談し、口臭治療をしましょう。

リンク集